FC2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク

カテゴリー

RSSフィード
JSCA九州木造部会新年会

 2月4日はJSCA九州の木造部会の新年会に参加してきました。(立春で正に新年!ですね。)


 新年会では、木造部会の許容応力度の勉強会に参加されているメンバーから「我が社の魅力」というテーマで4名が発表しました。

 (私も、発表させて頂きました。  )


 発表された方をご紹介すると・・・


 一人目が、S-カム内蔵式こみ栓を開発されたアイエル・コーポレーション(有)の遠藤さん。
 
 木材に金物だらけの現状の中、鉄と木の強度の違いなどから、果たして金物がよいのか?

 (木が負けてしまう。)

 開発されたのはプラスッチック製のこみ栓で、伝統構法のよさを残すため、意欲的に取り組まれています。


 二人目は古賀市の尾塚建設の尾塚さん。

 寺社建築など、伝統構法を守りつつ、丁寧な仕事をされています。

 基本的には手刻みで、木を見て、適材適所に用いて建物を作られているとお話がありました。

 予算的に厳しくて、プレカットになる時も、自社で木材をプレカット工場に持ち込んで、どこに使うかを予め計画されいるそうです。

 代理店をされているというファイヤーレターデント防燃水の紹介もありました。

 木材に含浸させたり、吹き付けたりすることで、引火点が高くなり、燃え広がらないそうです。(凄い!)


 三人目は私。弊社の取り組んでいる「子どもが伸びる家作り」についてや、それを支える周辺要素として、自然素材を取り入れてることなどを話させて頂きました。


 四人目は川崎建築構造設計事務所の加藤さん。

 最近の設計事例をご紹介されました。

 むくりの付いたS造の屋根や、薄肉ラーメン構造など、なかなか挑戦的な取り組みがありました。

 出席者からも、頑張ってますね~と感嘆の声がでていました。
 

 みなさんのお話を伺って、勉強になりました。


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
 


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
ログハウス解体ワークショップ

 昨日は、(社)福岡県建築士会福岡支部のログハウス解体体験ワークショップに参加してきました。

 こちらのログハウスは解体移設され、福岡大学の雨水研究所として、実験等に活用される予定です。


ログハウス解体2



 作業は午前9時頃からスタートしましたが、屋根を外すのに時間がかかり、早くも11時過ぎ・・・

 午前中に作業が終わるのか?(午後からは床の塗装ワークショップだったので、心配でした)


ログハウス解体1

ログハウス解体3


 と、屋根が外れて、校倉の部分の解体に入ると、あれよ、あれよ。と言う間に、解体しちゃいました。

ログハウス解体4


 ビスで止めてあった屋根の垂木や、床のデッキなどを外すのには時間がかかりましたが、組んであるところは、本当に直ぐ解体できました。

 校倉という厚さのある木材を組んだ作り方は、リユースと言う観点からも優れていますし、内外装を兼ねて断熱性もあり、合理的です。

 実は昔からある工法で、正倉院でも使われているのです。
 
 実際の設計でもチャレンジしてみたいです。


ログハウス解体5


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
餅撒き準備

 明日は、(社)福岡県建築士会福岡支部で取り組んでいる「雨水利用実験住宅」の上棟式です。

 ついに上棟!!!! 

 みなさまのおかげでやっとここまでこれました。 感無量です。


 明日は、餅撒きもするので、夕方、餅の準備に行ってきました。

 用意した餅は、二斗二升。

撒き餅
  
 テレビ局の取材もあるそうで、明日は、何だか大勢の人で賑わいそうです。


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
企画会議

 (社)福岡県建築士会の研修員会に出席してきました。

 来年度の研修の企画を提案してきました。

 
 帰りがけに委員の方から「色んな企画を持っていますね。」といわれたのですが、そうなんです。

 やりたいことは山盛りなんです。

 自分の時間が足りなくて、なかなか段取りができないのが、ジレンマです。


 自分自身が住宅をやっているので、次の企画もよりよい住宅を作るには。をベースに、建築士の力量の底上げに少しでも繋がれば・・・と思っています。

 何より、自分自身がもっと勉強しなくては!と思っているところです。



にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
コレクティブハウス研究会

 (社)福岡県建築士会福岡支部主催の「コレクティブハウス研究会」に参加してきました。

 建築士会でも色々と企画がありますが、会議室の座席が足りなくなりそうなくらいの盛況ぶりです。

 みなさんの関心の高さがわかります。


 今回は、濱砂清氏をお招きして、社会的情勢や福岡の状況、そして、集合住宅に関連する情報を伺いました。

 その後、コレクティブハウス全国大会の報告、福岡型コレクティブハウスへの向けてのお話など、途中、議論が盛り上がって、時間をオーバーしてしまうほどでした。

 なかでも、コレクティブハウスに最適な戸数が15戸、多くても20戸という点はなるほどな~と思いました。
(15戸以下では、特定の発言権が強い人に引っ張られやすく、20戸以上では、まとまりがなくなりやすいようで・・・)


 色々お話を伺って、集まって住む共同体は、単一でなく、多様な人々が集うことが望ましいのでは?と思いました。

 生物多様性というのを最近よく聞きますが、人間も、多様な年齢、家族構成、職種などが混ざっていることが、自然なのではないかな・・・

 実際、共通項が少ない人とは話題が見つかりにくかったり、なかなかコミュニケーションも取りにくいのかもしれませんが、単一なくくりでは、郊外の団地のように子ども達が巣立ったあとに、一気に団地自体が老人の町になってしまう・・・といった、いびつな状況が生じるのではないか?と思います。


 今後は、福岡型コレクティブハウスを目指して研究をすすめるということですので、どのような答えがでるのか期待しています。


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村 




にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村