CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


変な猫(ブガッティ編)その1

 我が家には4匹の猫がおります。多頭飼いしてみて気がつきましたが、結構、性格が違うのです。
 その中で、もっとも変なのが、「おむつ猫」のブガッティ。(←♀)

 約7年前に我が家にて生まれた猫ですが、生まれた時から、色々と・・・
 拾ってきたあずきちゃんがお腹が大きくなり、いよいよ、出産間近な時のこと。ダンボール箱も用意し、古タオルも敷いて、お産箱ももうバッチリ!ですが、なかなか出産のそぶりもないので、我々は就寝・・・
 すると、夜中になって、耳元で「みー、みー」と泣き声が!!私と旦那は{産まれた!}と思って、がっばと跳ね起き、電気を付けました。それに驚いたあずきちゃん、出産しているところから飛び出して生きました。そして、その場に取り残された、バイカラーの子猫。親はどちらも白いのにその子だけ、白黒のバイカラー。見てみると、残りの子猫は全部白。どうして、こんな柄?という疑問はありました。

 が、それよりも、慌てたあずきちゃんはこの子のへその緒の始末をしていない!(あとの子はちゃんとできていました。)びびったあずきちゃんは押入れの奥に入り、そこから出てきません。仕方なく、我々は『猫の医学』という本を抱えて、旦那がへその緒を切ることに・・・悪戦苦闘の末、なんとか、やりとげました。
 
 ところで、あずきちゃんの出産したのは、私が用意した段ボール箱ではなく、娘の衣類の入った箪笥の引き出しでした。・・・このあと、大変だったことはいうまでもありません。

 旦那さんがへその緒を切ったこの子は「ブガッティ」と旦那が名づけ、(車の名前らしい・・・)その後、どこにでもトイレをする困った猫に成長しました。そして、いまや我が家のオムツ猫として、とっても可愛がられております。

ブガッティ2



 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。