fc2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
手描きとCAD

 昨日も一日、2級建築士の「設計製図の試験」受験直前準備講習会でした。受講生の方々を見ていると、1日違うだけで、線がきれいになっていたり、まとめるのがうまくなっていたり、と進歩が凄かったです。今では、CADが主流で、手書きで描くことが少なくなっていると思いますが、試験はあくまでも手描き!どれだけ手を動かしているかが、大事だと思います。

 私が学生の頃はやっとCADが出始めたばかりで、ワイヤーフレーム(←線だけの画像)の3Dモデルの演算で3日もかかる・・・なんて、今にして思えば、考えられない時代でした。
 設計演習では、私は手描きでやっていましたが、同期の中にはCADで提出する人も、ちらほらいました。そんな中、3,4台しかないパソコンをシェアしていたわけですが、ある人が自分の設計課題で、3Dにするのに、2日近くパソコンに計算させっぱなし・・・というのをやっていたら、使えなくて怒った同期から、電源抜かれていました。おお、なんてことを!(当然、計算途中のデータはぶっ飛びました。)

 今は設計事務所に勤務していても手描きは本当に珍しいですよね。私も最終的にはCADですが、はじめのエスキース(プランを練るスケッチみたいなものです。)は手描きでないと駄目です。でも、私の下の世代のヒトは最初の段階から、CADだったりするそうで・・・年の差を実感してしまいます。
 



 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL