CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無垢の床

 我が家の床は無垢です。というか、工事現場で使われる足場板(道板)というやつで、杉板です。
 先日、友人と話していたら、「床を掃除して、拭けば拭くほどペタペタする。」とのコメントがあって、その時以前住んでいたマンションの床もそういえば・・・と思い出したのです。今の家に引っ越してからは、そんな経験もなく、すっかり忘れていました。そういえば、以前住んでいたマンションは合板の床材でした。
 あれって何ででしょうか?ワックスのせいではないと思いますが、次第にペタペタしてくるんです。友人は「最近は諦めて、雑巾掛けをマメにしているの。でも、すぐペタペタ・・・」と申しておりました。
 我が家の床は無垢ではありますが、本来、床材に使われるグレードではなく、何しろ足場板!乾燥も不十分な上、幅もひろい為、反ったり、隙間もあります。猫がいますから、爪の跡で傷だらけ・・・(杉は柔らかいですから。)といいつつ、足触りはとてもいいのです。しっとりしていて、滑らかです。
 ちなみに、これまで設計した住宅の床は無垢率83%でした。壁とは違って床は毎日触れるところ、やっぱり無垢をお勧めしたいところです。
 


 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。