CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


博多駅ビル(仮称)見学会

 5月21日、22日は福岡県建築士会福岡支部主催の「博多駅ビル(仮称)」工事現場見学会でした。

 1日約35万人が利用するという博多駅。その駅を使用しながら、博多駅ビルの工事は進んでおります。私も、博多駅はよく利用しますが、そのいつもの駅がすごいことに!

 一番驚いたのは、線路ですが、もともと盛土の上に敷設してあったそうです。今度の新駅ビルでは線路の下に1階と地下1階を造るのですが、(つまり、ホームがビルの中になります。)その工事が凄い!です。
 工事の流れはこんな感じです。既存の線路の下に仮杭を打ち込み、工事桁と組み合わせて、線路を支えます。そして、線路の下の土を掘削して、駅ビルの躯体工事を進めます。(線路の下には10数メートルの空洞ができていた時期があったんです。信じられないです。)躯体の工事が進んだ段階で、躯体に線路を受け替えして、仮杭は切断します。この受け替えの工事は、終電がでてから始発までの約4時間で、終わらせないといけません。

 見学会では、ホームの下にももぐって、列車の止まった線路も覗いてきました。線路下の駅ビル躯体のコンクリート打設の時は、高さ60cmの狭い空間で、作業をされたという話でした。作業されている方々のご苦労がしのばれます。

 設計は三菱地所設計さんで、施工は清水建設さんを中心としたJVです。平成23年完成まで、まだまだ、大変だと思いますが、完成を楽しみにしています。ご案内頂いた、博多駅ビル(仮称)新築工事共同企業体の皆様、ありがとうございました。




 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。