fc2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
米村でんじろう先生サイエンスショー

 今日は、娘と一緒に米村でんじろう先生のサイエンスショーを見に行ってきました。始まる前、娘が「テレビで見る本物が来ると?」と聞くので、「そりゃあ、本物だよ~。」と笑ってしまいました。
 ブメーランや空気砲、風船といった「飛ぶ」ことをテーマにした構成で、終始親子二人で「おお!!」と感嘆の声をあげていました。空気砲では空気の動きがわかるように煙が用意されており、打ち出された空気のリングが遠くまで飛ぶ様子を、娘が「きれい・・・」とうっとり眺めていたのが印象的でした。テレビでは、距離感が掴めにくかったりしますが、ホールのボリュームの中で実際に見ることができたのはとてもいい経験でした。
 ブーメランはつくり方を丁寧に説明して下さったので、娘は「早速、つくる!」と張り切っております。
 科学も含めて、学びは実体験の中で得ることが多いのだと思いました。
 私も、会社務めの頃は、住宅研究所で実験の日々でした。地味~な作業ですが、音の出かたと素材の組成に相関があることを見つけた時などは、すっきり!(まあ、実験の繰り返しの時間が殆どなんですがね。)数字と結果が結びつくというのは、不思議なものです。それが、再現性があることもすごいです。


 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL