fc2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
またまた小さい家

 「お願いするかわかりませんが。」と前置きがあって、小さな敷地の小さな家のスタディをすることになりました。

 一昨年は25坪くらいの家の設計をしました。その前も、最小20坪くらいのがありましたっけ。

 さて、さて、間取りをどう落とし込みましょう。

 
 人間は、社会的な動物ですし、行動も多岐に渉っているので、他の動物とは比べ物にならないくらい、大きな生活空間が必要なんだそうです。
 確かに、動物の巣って、その動物の身体に比べると、人間ほど、ボリュームないですよね。鳥の巣とか、小さいし。


 で、よく住宅のテーマででるのが極小住宅。(最小住宅が正しいかしら?)10坪の家というのがあるくらいですし、それに比べれば25坪はでかい。でかい。

 といいつつ、4LDKないとね~なんて、既成の概念を入れ込むとなると、やっぱり、25坪ではプランは厳しいところ。何らかの対策を練らなくては!




 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL