CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


再び、省エネ法

 
 「誰も知らない、省エネ改正法~

  誰に聞いても、わからない~」 (井上陽水「リバーサイドホテル」風でお願いします。)



 と、いうわけで、今週頭に省エネ法の届け出が必要なことがわかり、片っ端から、問合せしまくっています。

 でも、誰に聞いても知らない、やったことない、とのお返事。届け出書作成関係の計算をされている外注先と聞いて問い合わせても、「住宅は共同住宅しかやったことないし、ましてや、木造ですか?」って感じでした。

 しかも外注先と伺ったところは、立て込んでいて、7月中旬以降でないと、取り掛かれないということでした。(他にも、3件くらいあたったけど、どこも忙しいとのお返事。)
 ちなみに外注先は「イズミシステム設計」さんが一番対応がよかったです。(お困りの方はどうぞ。)


 
  結論からいうと、戸建住宅では、照明や給湯、冷暖房の計算は不要。断熱も仕様でいけるので、取り合えず、その方向で書類を整えることに。(ほっと一安心。)
 冷暖房や照明があったら、設備設計の方にお願いしないと、対応できないところでした。

  
 前職の研究所時代に、簡単な熱貫流量計算とかやっていましたが、本格的にやるのは大変。表面の熱伝達抵抗や木材部の熱橋の計算など、面倒なんです。それに、中空層の対流はどうするのか?!
 熱の貫流は電流みたいなもので、素材が単に積層している時は、直列配置の電池みないなもんですが、直列電池の列が、更に何個か、並列に繋がっていてという・・・(え~っと、木造は柱の木部とその他の部分で、構成が違うので、そうなるんです。あ、鉄骨も一緒ですけど。RC造は、それに比べるとは簡単ですね~)
 ソフトがあれば速いんですけど、手計算は辛い・・・
 
 
 大変ですね。って、お声かけ頂いたみなさま、ありがとうございます。


 今から、頑張ります~
  
 


 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。