FC2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
省エネ法の断熱レベル

 先日、届出を出していた改正省エネ法ですが、無事に許可がおりました。

 ほっと一安心です。


 今まで、省エネ法というのがあるのは知っていましたが、該当する物件は初めてでした。

 所謂、住宅性能表示の等級4に適合しなくてはなりません。少し前に話題でした長期優良住宅も同じようなレベルです。(あ、これとは別にトップランナー基準というのがあります。もう、何だかわからないですね。 

 前々から、いろんな方から、「等級4は厳しいよ~」と伺っていましたので、そうなんだ・・・と思っていました。


 で、今回改めて、壁、床、天井の断熱性能を確認したら・・・

 いつも使っている断熱材で、壁、床は、概ね大丈夫でした。ので、壁、床は、そのままでOK。
 (厳しいと聞いていたので、ちょっと、拍子抜け。)

 問題は、屋根(もしくは天井)ですが、こちらは、ちょっと足りませんでした。ので、いつもより、しっかりいれることに。

 簡単にいうと、いつも使う羊毛断熱材では天井の場合、壁のおよそ倍は入れないとといけない・・・
 (天井で断熱するより、屋根での断熱はもっと条件が厳しいです。) 

 基本的に、天井ふところと、屋根のダブル断熱を標準仕様にしているのですが、それでも、ちょっと足りませんでした。(大体いつもは、羊毛断熱材100mm+スタイロフォーム50mmのダブルを入れています。これでは基準に足りません。排熱を考えて、屋根も通気工法がベスト。)

 
 今回の件で必要な断熱レベルが再確認できた感じがします。
 
 



 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL