CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


RC外断熱工法見学会

 昨日は、(社)福岡県建築士会福岡支部の「RC外断熱工法見学会」に参加しました。

 RC(鉄筋コンクリート)造の場合、コンクリート躯体が、蓄熱性が高いので、外断熱が有利なことは、広く知られています。

 とはいえ、外断熱の工法は、さほど普及しているとはいえず、まだ、見たことがなかったので、見学ができて参考になりました。

 しかも、外断熱でも、コンクリート躯体を打設したあとから断熱材を張り付ける後張りは、実績数は、それなりにあるようですが、見学したのは、打ち込み工法。まだまだ、実績が少ないようです。

 今回の工法はベニアの型枠をなくし、あて木と桟木で固定して、コンクリートを打ち込むようです。省資源に繋がるようですし、省エネという観点では、メリットが高いのですが、コンクリート躯体のジャンカが確認できない。とか、タイルを貼った場合、断熱材が緩衝層となり、浮きが確認しにくい。というデメリットもあるようです。特に今回の材料は価格が高い。

 入居後の光熱費でランニングコストが安くなるのが、一番の魅力でしょうか?


外断熱


 ちなみに、木造の場合、外側に断熱材を張る工法は、「外断熱工法」とは呼ばず、「外張り断熱工法」と呼ばれます。厳密な意味の外断熱ではないと捉えています。(これは、省エネ法で役所に届出書を出したときも、そのように明記させられます。)

 木造は、建物の蓄熱性が高くなく、また、木の熱伝導率からも、内断熱、外張り断熱もさほど、性能が変わらないと考えられています。

 私も、その考え方を受けて、その他の要因もあり、内断熱を採用しています。


 でも、やっぱりRCは外断熱かな。





 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。