CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菊池シンポジウム

 先日、熊本県菊池市で開催された町歩きワークショップとシンポジウムに参加して来ました。

 町歩きでは、九州大学の藤原先生に解説して頂きながら、町を散策しつつ、古い建物を見てまわりました。いくつかの建物では、建物の所有者の方に色々なお話を伺い、町とのかかわりや住まい手の息遣いを感じることができました。

 拝見したのは、明治期の和洋折衷の病院や、酒蔵、醤油屋、製氷屋など、盛りだくさんで、古くていいものが残っている!と、改めて実感しました。

 菊池は大火の歴史があり、防火に対する意識が建物の意匠となって現われているところが、印象的でした。長い歴史を紡いできたのが、感じられます。

 ↓母屋もしっくいで塗られています。

菊池1


 ↓隈府冷蔵さん。このレンガは「手作り」! のスラグレンガ。凄すぎです!!

菊池2


 翌日は、「菊池千年風土とまちそだてを考えるシンポジウム」が開催されました。

菊池シンポジウム

 シンポジウムは森まゆみ氏(作家・地域雑誌「谷中・根津・千駄木」編集者・文化審議会元委員)、藤田洋三氏(写真家・『世間遺産放浪記』著者)、藤原惠洋先生(九州大学社会連携事業企画者・九州大学教授)によるトークセッションの形で行われました。

 続いて、藤原惠洋先生、藤田洋三氏をコーディネーターに、事業成果発表会をかねた次世代パネルディスカッションが行われ、菊池高校生、九州大学学生、菊池市民の皆さんのそれぞれが、菊池の町について、意見を発表されました。 

 
 ↓会場では菊池の「世間遺産」の写真展も行われました。

菊池3

 
 私は大学以来、約20年ぶりの菊池でしたが、改めて、菊池はいいものがある。と思えた2日間でした。

 特に、菊池の皆さんの暖かさと関心度には、感じ入るところがありました。ぞろぞろと町歩きをしていると、「なんしょうとですか?」と気さくに声をかけて下さり、「まちそだて」に重要な「関心」が高いことが、わかります。その「関心」が次に繋がるのではないかと、期待が高まります。

 「まちそだて」は「人そだて」ということなんでしょうね。

 あ、温泉のお湯も最高でした。また、訪れたいです。


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村




 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。