FC2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク

カテゴリー

RSSフィード
「雨水ネットワーク九州in糸島」のお知らせ

 主催者の方からご案内メールを頂きましたので、雨水ネットワーク九州in糸島」のお知らせをさせて頂きます。

 3月26日(土)、27日(日)の2日間、糸島市健康福祉センター、ふれあい、朝市プロムナードにて、「雨水ネットワーク九州in糸島」が開催されます。

 26日の午前10時30分からは、福岡大学の渡辺亮一先生による「豊かな海のための、水のつながる環境」と題した基調講演があります。午後からは発表会やディスカッションの予定です。

雨水ネットワーク九州in糸島


以下、主催者側からのご案内メールを転載いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

東 日 本 の 震 災 が あ っ た か ら こ そ、 あ え て 開 催 !

水 と 命 と を つ な ぐ、 雨 水 ネ ッ ト ワ ー ク 九 州in糸 島


 昨年度、福岡では雨水ネットワーク会議全国大会in福岡が開催され、
私たちは自然の恵みである水の貴重さ、美しさ、危うさについて学び、
水の恵みに感謝することの大切さを共有しました。

 その後、私たちは、さらに九州で、雨・水の循環と人のつながりを
広げるべく、糸島市での開催準備をしてまいりました。関係者全員、
災害の被害に胸を痛めていますが、「水・人とのつながり」の大切さを
みんなで確認しあうこと、共有し、話し合うことが、必ず、東日本の方々
のためにもなると信じ、今週末(3/26)に開催します。


<水の危険と、水の恵みのなかでの私たちの暮らし>

 今月、東日本を襲った災害のうち、地震による津波、これはつまり水害でした。
災害から命を取り留めた方々にとって必要なのは、まず清浄な水。
そして暮らしを保つために必要なのは、汚物を流す水。できれば、あたたかな
お風呂に入れてほしい。これも「水」。

 まして、最先端技術であったはずの原子力発電を災害時に冷やすための
最後の手段も、「水」でした。

 災害は、おそるべきことです。しかし、地震・渇水・台風・火山噴火など災害地帯
ともいえる日本で暮らす私たちは、ずっと昔から、被害をみんなで乗り越えるたびに
多くの人々が地域のことを考え、みんなで知識を共有し、話し合い、より持続的な
社会を構築しつづけてきたのです。

 だからこそ、私たちは今これから、東日本の方とともに、あらたに緑豊かで、
生き物にも触れ合うことができ、子供たちが生き生きとした環境である未来を
描き始める必要があります。


< 九州の片隅で始める行いが、東日本の方々のためであるために>

 自然の恵みに感謝し、猛威を恐れ、ともに助け合いながら生きようとする、
さまざまな地域での活動を共有すること、そしてみんなで話し合う場となります。

 ですから、これから私たちが踏み出す一歩は、必ず東日本の方々と共にあり、
ともに進む道であり、必ずみんなのためになると、信じれるようになれました。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村




 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL