FC2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク

カテゴリー

RSSフィード
コレクティブハウス研究会

 土曜日開催された(社)福岡県建築士会福岡支部主催の「コレクティブハウス研究会」に参加してきました。

 今回は2003年~2006年にかけて、16回開催された「コレクティブハウス研究会」を再スタートさせるにあたっての第1回目になります。

 20名近くの参加者があり、みなさま、コレクティブハウスに対する様々な思いをお持ちのようでした。


 私は前回のシリーズの時も、3、4回勉強会に参加させて頂いたのですが、そのベースは「集まって住むかたち」とは?という素朴な疑問です。

 「集まって住む」というかたちには、今のマンションではなく、別の答えがあるはずだと思っています。


 そのきっかけとなっているのが、私が大学に在学中に教わった延藤安弘先生の講義に他なりません。

 1年生の初めての授業が「絵本に見る建築」。衝撃的でした。

 その後も、スライドを多用しての「都住創」の紹介など、自分の知っているマンションや団地とは全く違う住まい方に、驚いたのは言うまでもありません。

 そして、極めつけは、4年生の時のデザイン演習。実際にコーポラティブハウスへの入居希望者(本当に一般の人!)を十数名集めてきて、希望を逐一聞きながら、クライアントにヒアリングしながらのケーススタダィ。

 本当にしごかれました・・・


 それから、早20年。私の中では、未だ、「集まって住むかたち」は、おぼろげなままです。

 
 この勉強会を通じて、何かしら、答えが見つかれば、嬉しいかぎりです。


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL