FC2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク

カテゴリー

RSSフィード
Q大日田ラボ特別講演会

 本日、パトリア日田にて「日本全国スギダラケ倶楽部の活動とスギの可能性」と題して、Q大日田ラボ特別講演会が開催されたので、日田まで出かけてきました。

 講師は、日本全国スギダラケ倶楽部の南雲勝志さん 若杉浩一さん 千代田健一さんのお三方で、講演の内容は、これまでのスギダラの活動やこれからの市民参加型の都市デザインについてでした。


 7月の九州大学主催の高浜フィールドワークに参加した際、お三方も参加されていて、その時の日本全国スギダラケ倶楽部の活動報告が凄くって、その感動をもう一度!ということで、お話を聞きたくて出向いたわけです。

スギダラケ講演会


 過去9年に亘る活動の中、廃線の線路にトロッコ列車を走らせたり、子ども達と屋台を作ったり、「面白い」「ばかばかしい」ことが大事と言い切るその潔さと、巻き込まれていく市民の様子が生き生きと語られました。

 心に残ったのは「杉は商材でない。杉にまつわる、その地域の文化や営みが大事。」というお話。

 杉というのは本当に日本の随所に見られる素材です。それだけに、地域ならではの特徴や誰もが親しめる可能性も持ち合わせているのだと思います。

 
 いずれにしても、シンプルに突き詰めて行く姿勢と多くの人を巻き込むパワー、そして、誰もが納得するデザイン力の高さに脱帽です。


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村




 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL