FC2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク

カテゴリー

RSSフィード
JSCA九州木造部会新年会

 2月4日はJSCA九州の木造部会の新年会に参加してきました。(立春で正に新年!ですね。)


 新年会では、木造部会の許容応力度の勉強会に参加されているメンバーから「我が社の魅力」というテーマで4名が発表しました。

 (私も、発表させて頂きました。  )


 発表された方をご紹介すると・・・


 一人目が、S-カム内蔵式こみ栓を開発されたアイエル・コーポレーション(有)の遠藤さん。
 
 木材に金物だらけの現状の中、鉄と木の強度の違いなどから、果たして金物がよいのか?

 (木が負けてしまう。)

 開発されたのはプラスッチック製のこみ栓で、伝統構法のよさを残すため、意欲的に取り組まれています。


 二人目は古賀市の尾塚建設の尾塚さん。

 寺社建築など、伝統構法を守りつつ、丁寧な仕事をされています。

 基本的には手刻みで、木を見て、適材適所に用いて建物を作られているとお話がありました。

 予算的に厳しくて、プレカットになる時も、自社で木材をプレカット工場に持ち込んで、どこに使うかを予め計画されいるそうです。

 代理店をされているというファイヤーレターデント防燃水の紹介もありました。

 木材に含浸させたり、吹き付けたりすることで、引火点が高くなり、燃え広がらないそうです。(凄い!)


 三人目は私。弊社の取り組んでいる「子どもが伸びる家作り」についてや、それを支える周辺要素として、自然素材を取り入れてることなどを話させて頂きました。


 四人目は川崎建築構造設計事務所の加藤さん。

 最近の設計事例をご紹介されました。

 むくりの付いたS造の屋根や、薄肉ラーメン構造など、なかなか挑戦的な取り組みがありました。

 出席者からも、頑張ってますね~と感嘆の声がでていました。
 

 みなさんのお話を伺って、勉強になりました。


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
 


 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL