FC2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク

カテゴリー

RSSフィード
怒涛の年度末・その2

 娘の卒業式から、約3週間・・・

 仕事が立て込んでいる上に、娘の入学準備だなんだと、例年とは違う慌しさでした。


 その上、わが家では、もうひとつの事件が・・・

 わが家の愛猫、くうたろうさん。(12歳6ヶ月 雄)

 娘の卒業式の前々日に、痙攣の発作を起こして、夜間救急病院へ搬送!

 一旦落ち着いたものの、深夜に再度発作がおきて、一時危篤に・・・

 
 夜間救急病院では、ナトリウムが異常に高く、逆にカリウムが低すぎ。という血液検査の結果と脱水症状も見られることから、点滴をして頂いて、貫徹で付き添いました。

 翌朝、かかりつけの、稲員犬猫香椎病院さんに駆け込み、即入院となり、意識もなく、体温も低く、本当に危ない状態でした。

 一日入院して、食事も取れるようになり、何とか、家に連れて帰ることができました。(奇跡的!)


 その数日後、また痙攣の発作を起こし、再度、夜間救急病院へ。

 翌日は、稲員犬猫香椎病院さんに入院して、今度は一日では帰って来れず・・・

 先生の処置のおかげもあって、退院後は、家で養生しています。


 痙攣の発作後は、異常な食欲ですし、妙に赤ちゃん返りをして、玉とりをしたり、やたらと噛み付いたり・・・

 脳に何らかの機能障害が残ったのか、行動がちょっとおかしいのですが、助かって本当によかった。
 
 初めて発作を起こして、夜間救急病院へ連れて行った際に、処置をして頂いた先生が

 「この症例で、知っている4件中、1件しか、回復していないので、厳しいと思います。」と

 おっしゃったので、覚悟をしなくては・・・と思いつつ、覚悟もできず。(号泣!!!)


 くうたろうさんは、現在、ケージの中で、養生中ですが、元気そうにしていることが何よりです。

 一緒に過ごした12年を思い出して、改めて、命のことを考えさせられた数週間でした。
 
 
 稲員犬猫香椎病院の森竹先生にはお世話になっております。ありがとうございます。

 
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL
まとめteみた.【怒涛の年度末・2】
まとめwoネタ速suru 2012-04-06-Fri 00:06
娘の卒業式から、約3週間・・・仕事が立て込んでいる上に、娘の入学準備だなんだと、例年とは違う慌しさでした。その上、わが家では、もうひとつの事件が・・・わが家の愛猫、くうたろうさん。(12歳6ヶ月雄)娘の卒業式の前々日に、痙攣の発作を起こして、夜間救急病院へ...
[続きを読む]