CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お仕事の取材レポート

 先日、高校時代の友人が、一家揃って遊びに来てくれました。

 (友人に再会したのは、大学入学以来だったような・・懐かしいですね~)

 連絡をくれたきっかけは、娘さん(中学1年生)の夏休みの宿題で、自分のなりたい仕事をしている人に、取材して、レポートを提出というものがあり、訪ねて来てくれました。

 娘さんは建築家志望だそうです。

 取材の内容は、やりがいを感じる時や一日のタイムスケジュール。中学生へのアドバイスなどでした。



 「やりがいを感じるのは、どういう時ですか?」という質問ですが、一番わくわくするのは、上棟の時ですよね。

 二次元のものが一気に三次元になるので、さなぎが蝶になるぐらいの変化を目の当たりにして、やっぱり、感激します。

 基礎工事までは平面の延長ですが、ボリュームになる上棟の時は、何ともいえません。



 ひとしきり話をして、帰られましたが、ちゃんとレポートにまとまったかな~



 以前、中学生の職業講和では中学生をドン引かせてしまいましたから、ちょっと心配です。

 事前にあがっていた質問で、「建築士になるのは大変ですか?」「どんなところが大変ですか?」といったものがあったので、一級建築士になるのは結構大変。という話をしたら、みんな、し~ん。

 事実、大体合格率が一割前後・・・(厳しい時は7%台という年もありましたね。)

 試験が難しいのは脚色でなく、事実なんですが、いやはや・・・

 この段階の年齢で、大事なことは、夢を語ることで、苦労や大変さは必要ない。と痛感したのでした。



 夢があるから、前に進めるんですよね~


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村 
 
 


 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。