CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スタイリングなのか?

 先日、とあるイベントの打ち合わせに参加し、出席されている建築家の方が

「僕達は、住まい手のどんな家具にも合う豊かな空間を作りたいと考えて、設計しているでしょう?

 そうでしょう?」

 と問いかけられ、あぁ・・・本当に、そうだなぁ。と思いました。


 建築家・故 宮脇檀さんも「造作家具は家につく。置き家具は人につく。」

 とおっしゃったように、置き家具は、住まい手らしさがでるものだと思います。


 先日から、建築が専門でない方々とお会いすると、空間というより、部屋作りや模様替えというスタイリングを重視されていることに、へ~そうなんだ。と驚きを感じていました。

 そうゆうニーズがあるのは確かですし、スタイリングによって、雰囲気がガラッと違うのは事実ですね。


 でも、敢えていうなら、スタイリングは、衣服。

 ベースになっている身体が、心身ともに健康なことが、全ての資本になっていると思います。

 (って、自分の身体がへなちょこなのは、ひとまず横に置いて・・・)

 (というか、世の中は見た目が大変重要なんですが・・・)


 住空間もそんな気がします。

 躯体の性能や、仕上げの質感。 空間の連動性。 ボリュームと視線の抜け。

 スタイリングだけでは実現できない、空間の質を上げることや居心地の良さを意識しながら、設計してきたいと改めて思いました。

 
 余談ですが、また別の建築家は、住まい手の家具や持込んだものをノイズと表現されていました。

 見学会の時、そのノイズを受け止める空間を設計されていると話されていて、建築家らしいなぁ。と思いました。


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
 


 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL
まとめ【スタイリングなのか?】
まっとめBLOG速報 2012-11-01-Thu 08:40
 先日、とあるイベントの打ち合わせに参加し、出席されている建築家の方が「僕達は、住まい手のどんな家
[続きを読む]
まとめ【スタイリングなのか?】
まっとめBLOG速報 2012-11-01-Thu 08:40
 先日、とあるイベントの打ち合わせに参加し、出席されている建築家の方が「僕達は、住まい手のどんな家
[続きを読む]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。