CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女性が建築の世界で働くということ

 金曜日は、福岡県立の三潴高校の進路理解学習会で職業講和に行って来ました。

 13職種の講師が同時に集まり、生徒達が希望の職種のところに話を聞きに行く形式で、建築の他に美容、自動車、医療、介護などの職種がありました。

 150数名の生徒中、建築の話を聞きにきたのは40名弱でした。

 講話は2クール同じ話がありましたので、40/300で約13%の生徒が関心を持っているということでしょうか?


 そのうち、女子は「ゼロ」!

 女子と男子の比率はほぼ、1:1の構成でしたので、正直、「ゼロ」には驚きました。

 そんなに女子に人気ないかな~

 (実際は、女性の建築士は約20%はいるはずなんですが・・・)

 確かに、女性が結婚、出産を経て、継続的に仕事をするのは難しい業界かもしれません・・・

 
 私が就職の時(バブルがはじけたばかりの頃)、就職担当の先生から、「女は就職先がハウスメーカーか、設備メーカーしかないけど、どっちにする?」と言われました。

 その時、何となく、女性は補助的な仕事とみられている気がしました。


 時代は流れて、建築の女子学生は圧倒的に増えて、それだけ沢山卒業しているはずですが、就職先はどうなんでしょうか?
 
 (私の同期は5名で、上の学年は3名というような時代でした。)

 状況は当時より改善されいるのか気になるところです。

 
 日本人口の比率では男女で62:65でやや女性が多いのですが、男性中心で構成されているというのは不自然な気がします。

 
 
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
  


 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL
まとめ【女性が建築の世界で働】
まっとめBLOG速報 2012-11-17-Sat 05:00
 金曜日は、福岡県立の三潴高校の進路理解学習会で職業講和に行って来ました。 13職種の講師が同時に集
[続きを読む]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。