CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


改正省エネ法

 昨日は、プロトハウス事務局さんが主催された、『パッシブ住宅づくり実務講座』に参加してきました。

 空設計工房の江藤眞理子さんが講師をされて、パッシブ住宅の話を伺ってきました。

 他にも、ドイツの事例や断熱材、透湿可変シートの話など、盛り沢山の内容でした。


 先日は、『改正省エネ法基準2013 完全マスター講習』に参加してきましたので、連続して、住宅の熱性能を考える機会となりました。


 というのも、14年ぶりに省エネ法が改正になり、住宅は今年の10月から施行になるのです!!

 暫くは移行期間ですが、2015年には新基準に完全移行で、2020年には義務化になります。


 時代は、省エネ・パッシブですね。

 昨日の、江藤さんのお話にもあったのですが、断熱・気密の性能を上げることは、省エネになるだけでなく、温熱環境がよくなることで、とっても居心地がいい住まいになるんです。

 断熱の効果として、壁面、天井面などの表面温度が室温とあまり差がなくなり、すなわち不快な温度環境にならないのです。

 
 今後は、目に見えない『快適性』を、数字で評価できるようになりたいですし、具体的に住まい手に提示できるようにならなくては。と思いました。

 


 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。