FC2ブログ
CAMELC公式ブログへようこそ
メルマガ
メルマガ登録/解除
Powered by AccessMail
メールアドレスとお名前を入力し、登録ボタンを押してください

お名前(必須): 

メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

プロフィール

camelc by 松野尾仁美

Author:camelc by 松野尾仁美
福岡市内の小さな設計・デザイン事務所です。
旦那がフラッフィックデザイン、所長である私が建築デザインを担当しています。
HPはhttp://www.camelc.net/です。


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

カテゴリー

RSSフィード
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


石の屋根

 先日、東京からお見えになったお客様をご案内して、宮地嶽神社に行って参りました。

 宮地嶽神社と言ったら、福岡でも有名な神社で、正月の三社詣でで、太宰府天満宮、宗像大社と宮地嶽神社というのが、定番のイメージです。

 私は生まれも育ちも福岡ですが、数回しか行ったことが無く、今回、その奥にある『民家村自然広苑』まで、足を踏み込みました!

 というか、そんな場所があったとは、全く知りませんでした。

 (当日、事務所に遊びに伺った建築家の高田宏明さんに教えて頂きました。)


 色々なタイプの民家が移築されていて、見学することが可能ですが、その痛み具合も凄い・・・

 保守するのには、やっぱり、費用の負担が大きいのだろうと痛感します。

 
 移築も昭和50年代とか、結構古くて、そんな前から、ここにあったの?と驚きました。

 名前は知っていたけど、実物を見たことが無かった『くど造り』も、見れて、ちょっと感動。


 その中でも、圧巻だったのが、石屋根の家。

 正式には『高床式平柱小屋』とあり、対馬からの移築だそうです。

 そのプリミティブというか、バナキラーな感じが格好よいです。

石の屋根

 ほら、凄い迫力でしょう・・・


 この『民家村自然広苑』に隣接して、何故か、動物もいて、ちょっと不思議な空間でした。




 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。